読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2011/07/08 NANO-MUGEN CIRCUIT 2011@Zepp Nagoya

出演


誰が何と言おうと私はアジカンがいちばん好きだ!
この時代に生まれてよかった、とはまだ胸を張って言えないけれど、アジカンに出会えて幸せなことは確か。
そんなことをあらためて感じたライブでした。


タオルと扇子とリストバンド。


以下、途中書き。




開演から10分ほどたったころ上手側3番目のドアから入場。
前日に600番台のチケが買えたってことから予想はしていたけれど、実際に入ってみてびっくり。こんなにスカスカなZeppははじめてでした(苦笑)フロア最後方と最前エリア左右を封鎖、それでもフロアはゆるゆる。全員を前方にギュっと詰めたら2〜3柵目くらいで収まっちゃうくらい。これ、ダイホでも厳しいかったんじゃないかなあ…。
今回のサーキットはどこの公演も同じような状況だったみたいだけど、要因としては発表から公演までの期間が短かったのと、ナノ@横アリへの参加が決まっているから見送った人が多いだろうってことと、平日18:30開演という時間が社会人には厳しかったんじゃないかなあ…と勝手に想像しています。ま、この間のツアーはZepp2DAYSもセンチュリーホールも(中止になってしまったけれど)しっかり即完していたから、そのあたりの心配はないんじゃないかなあと思っていますが。というかそう思いたい。



LOSTAGE
というわけで途中からしか聴けなかったんですが、それを本気で後悔しました…。だってもうめっちゃくちゃかっこよかったから!LOSTAGEってこんなポップだったっけ?(ポップは私の中で最上の褒め言葉)
聴きたかった人間ロボットとSURRENDERはどっちもやってくれなかったけど、その代わり、他にもいい曲がいっぱいあることが分かってよかった。特にサビが「砂漠に咲いた花のようだった」って歌詞の曲と、そのあとの曲…確か都会のビルがなんとかって歌詞があったような。その2曲が特にかっこよかった!
私がずっと求めていた音を鳴らしてくれるのは彼らかもしれないな。ジャキジャキ尖った爆音に乗っかるメロディアスな歌メロ。前はそこまではまらなかったけど、もう一度、ちゃんとチェックしてみようと思います。見れてよかった!ありがとう!



転換中に最前エリアの上手側へ移動。普段じゃ考えられないくらいゆるゆるで、楽に4列目まで行けました(苦笑)ちなみにSEはナノコンピ。



NADA SURF


ASIAN KUNG-FU GENERATION
セットリスト

  1. アフターダーク
  2. All right part2
  3. Re:Re
  4. マジックディスク
  5. リライト
  6. 君の街まで
  7. ブルートレイン
  8. フラッシュバック
  9. 未来の破片
  10. ソラニン
  11. センスレス
  12. アンダースタンド
  13. 君という花
  14. 転がる岩、君に朝が降る


EN1

  1. 迷子犬と雨のビート
  2. ループ&ループ
  3. 新世紀のラブソング


EN2

  1. ひかり(ゴッチ弾き語り)