読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2012/11/11 奈良と京都と滋賀

トラベログ

アジカン@滋賀の遠征記録!


新幹線に乗って、滋賀をひゅんと通りすぎて京都で下車。
いつもなら京都をたっぷり観光するのですが、今回はさっと近鉄に乗り換え、目指す先は奈良県
お目当てはこちら。

正倉院展


ご存じのように正倉院とは、奈良時代聖武天皇が愛用していた宝物などが数多く収められている倉庫。毎年ここから何点かが一般公開されるんです。一度行ってみたいと思っていたら、ちょうどアジカン@滋賀とタイミングが被ってるー!ってことで迷わずやって来ました。
開催期間中で最後の日曜だけあって、悪天候にもかかわらずすごい人。写真にある青いガラスのうつわ:瑠璃杯(るりのつき)は40分並んでようやく見ることができました。実物は写真よりももっと深み・重みのある色で、凛とした深い青さをたたえたその姿に心の中も澄んでいく感覚を覚えました。はるか遠くの国から長い距離を旅して日本にやってきて、そこからさらに長い時間を越えてこうやって向き合えることに感動。
見終わったあとはパンフレットやクリアファイルなどをお買い上げ。こうやってグッズで稼ぐのはどこも同じですね(笑)


せっかく奈良に来たのだから奈良公園へ行こうー!てことで雨の中を向かいました。
鹿さんたちは木の下で雨宿り。


でもよく考えたら大仏はこれまでに何回も見ているし、何よりめちゃくちゃ寒かったのでここでUターン。


興福寺を経由して、


近鉄で京都に戻りました。
座りたくて買った特急列車の指定席、これがかなり快適でした。スピードはまったく特急ではなかったけれど。


京都に着くと、雨風はかなり強くなっていて、とても傘を差して観光なんてできない状況。


都路里でパフェでも食べるかなーと思って向かったんですが、同じく観光をあきらめた人が長い行列を作っていたので諦め。地下街でおなかを満たしてから、ちょっと早めに滋賀へ向かいました。


天気がよければ琵琶湖のほとりで景色を堪能したかったんだけどなあ。