読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2013/11/06 後藤正文@名古屋クラブクアトロ

当日券で入ってきましたー。



セットリスト(本人のついったより拝借)

  1. 迷子犬と雨のビート
  2. ループ&ループ
  3. 大洋航路
  4. Blackbird sings at nights
  5. Stray cats in the rain
  6. アネモネの咲く春に
  7. 夜を越えて

名古屋でも弾き語りしたいと言った昨年のランドマークツアーから早1年。ようやく、ようやく名古屋にも来てくれました。
セットリストは上記のとおり、アジカン3曲→ソロ新曲2曲→アジカン2曲という流れ。アコギと歌のみというシンプルなステージで、当たり前だけど聞こえてくるのはゴッチの歌とアコギの音だけだったから、歌・歌詞・メロディの良さをじっくりと堪能できました。この日は原曲に近いコードで弾いてくれたのが嬉しかったな。京都音博のときのループは原曲とはぜんぜん違うコードを当てていたから(確か)、なんかそわそわして落ち着かなかったんですよね。メロディとコードがバシっと合うとほんとうに聴いていて気持ちがいい。だからヤンパン(懐!)のアンダースタンドリミックスは1分20秒過ぎと2分10秒過ぎが好きです。余談。
ソロの新曲はこれまで発表されているゴッチのソロ曲を踏襲したような雰囲気でした。「Blackbird〜」は曲紹介でsingsじゃなくて「singing」って言っているように聞こえたんだけどなー(笑)この曲はイントロの、綺麗なんだけどどこか物悲しい感じが印象に残っています。シンプルにドミ→シレ→ラド→ソシという1音ずつ下がっていく和音だったんだけど。歌詞はあの子は夜に泣いているだとかタクシーは交差点を曲がって…みたいな感じだったような気がします。迷い猫のほうはすみません、あんまり記憶になかったり(…)
MCは何を言っていたかなあ…ああ、ランドマークの人気がないことをぼやいていたな(苦笑)
告知的なものとしては

  • アジカンは年明けに20曲くらい入ったアルバムをリリース
  • ゴッチのソロアルバムは4/19か20に発売
  • ソロアルバムを出したら名古屋にもツアーで来ます

こんなところかなー。アジカンのアルバムはフィードバックファイル2的なものだと勝手に思っているんですが、果たして。
散漫すぎてすみません。時間があれば書き直します。

  • RA RA RIOT

セトリは画像参照。(知人がげっとしたもの)

ポップなんだけどキャッチーすぎない気持ちのいいメロディで、ずっと体がゆらゆらゆらゆら。ファンの方は自由にジャンプしたり踊ったり、(おそらく)興奮のあまり思わず声を出してしまったり。画一的なオイオイだとか、目立つことを狙ってメンバーに声をかけたりだとかではなく、あんなふうに本能的にライブを楽しんでいる姿がゴッチにとっての理想なんだろうなあ、と。



終演後は事前告知どおりゴッチが物販に。「何か買った人にサイン」ということだったので、The Long Goodbyeのレコードを購入。キャッツさんから手渡しで受け取りました。なぜこのレコードにしたかというと、ジャケ写がマーチングバンドのロケ地だから。あの写真すごく好きなんですよね。
スタッフさんから「レコード開封される方は中にダウンロードカードが入っていますので、落とさないように注意してくださいねー」と言われましたが、すみませんこれにはサインしてもらわないんです…とそそくさとレコードをしまい、代わりに鞄から取り出したのはこれ。

確かに買ったはずなのに、ずーっと行方不明になっていたエコバッグ@09年のホールツアー。直前に部屋の思いがけない場所から無事発見されたんです。ゴッチにサインもらうならこれ!と決めていたから間に合ってよかった!!
この日のゴッチは終始ゴキゲンな様子で、手渡すなり「うわー!懐かしいなあこれ!」なんて言いはじめて。サインを書いているあいだずっと「これなーアイツが書いたんだよなー」だとかぶつぶつ言っていました(笑)そこには決して嫌味ったらしい感じはなくて終始笑顔で、なんというかゴッチがいつも建ちゃんに対して「お前ほんとバカだよなあ」なんて言っているみたいに、ちゃんと根底には愛がある感じで。そんなゴッチを見れてよかった。持ってきてよかったな。
あとはどうしても伝えたかったことを伝えられたのが嬉しかった。こちらこそほんとうにありがとうございました。
最後しっかり目を見て笑顔で握手してくれたのは忘れられない。


最近はモヤモヤすることのほうがきっと多くて、いっそ離れてしまったらこんなに苦しまなくてもいいんだろうな、楽になれるんだろうな、なんて思ったことも正直あったりしたけれど、ひとたび彼がギターをもって歌い出すとそんな思いは遥か彼方に消えてしまって。ああ、やっぱりこの歌が、声が、詞が好きだって気持ちで満たされる。気づけてよかった。行ってほんとうによかった。