読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

買いすぎですね

またもや例のブックオフにて。店舗が大きい→品揃えが豊富→お客さんも多い→商品の入れ替わりが早い→行くたびにお宝を発見できる!交通の便もいいので大好きです。
今回購入した3冊はどれも初見。Amazonではもう取り扱っていないようなので写真で。


音楽と人
アジカンは君繋のインタビュー。最初の見開きの写真、君花のPVと同じ場所かと思ったけど違った。似すぎ。

インタビューはゴッチが強調する「繋がる」という言葉について。「ちゃんと向き合ったうえでの『嫌い』ならべつにいい。それが繋がるってことだから」ここ、今でもぶれてないですよね。
他にはレミオ@朝顔やキック@ベストも載っていてお腹いっぱいの号でした。いいなあ2003年11月。


■トーキンロック
five nano secondsのレポ。今は完全にレア曲と化してしまった電波塔やEも当時は普通に演奏されていたんですよねー…。
バンドが歴史を重ねて新しい曲が増えるのは嬉しいけれど、それはライブで昔の曲が聴けなくなる(可能性が高くなる)こととイコールで。1公演あたりの曲数や時間には限りがあるからね。まあもちろん物理的な制約だけじゃなくて、本人たちの意思によるところもあるだろうけど。
ああもうほんとこのころのライブに行けた人がうらやましい。音源やメディアはあとからいくらでも手に入るけど、過去のライブに行くことだけは絶対に不可能だから。


■BREaTH
ループ&ループが発売されたときのインタビュー。今読むとなんだか感慨深いなあ。「最強の妄想」であったリアムとの対談もフジロックのメインステージも、どっちも実現させちゃってるんだもんね。



久々にセンチメンタル加速中です。