読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

最近借りたものその1

購入・レンタル

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー

アンディとロックとベンガルトラとウィスキー

このアルバムだけは未聴でした。最近のTSUTAYAは話題の次世代バンドを数多く取り扱っていて嬉しい限りです。やっぱりandymoriは中央線の匂いがする。いや、私は東京の人ではないし中央線にはこれまで一度しか乗ったことがないんですが(笑)、私の中にある中央線沿いのイメージにぴったり寄り添う感じ。ああ、やっぱりワンマン行きたかったなあ…(行けると分かったときにはすでに完売でした)。
今更ですがメンバーの苗字が「小山田」「後藤」「藤原」ってすごい組み合わせですよねえ。


HAPPY

HAPPY

表題曲の「終わらせる勇気があるなら 続きを選ぶ恐怖にも勝てる」ここの歌詞がいちばん好き。
バンプのギターの音と藤くんの声を聴くとなんだか不思議と安心します。やっぱり私にとってのロックの原点だからかな。天体観測からもう9年も経つのかー…。これからもちょっと離れたところから、でもしっかりとついていきたいです。


MUSHROOMCAT RECORD

MUSHROOMCAT RECORD

ベスト盤。昔よく聴いていた「ポビーとディンガン」「星空の下で」「LadyBug」は今聴いてもすごくいい。前2曲は青空に向かって思いっきり拳を突き上げたくなる感じ。LadyBugは歌詞のとおり、雨露の滴る葉から雨上がりの空へ向かって飛んでいくような広がりのある曲。数年前に地元フェスに出てくれたんだけど、これらの曲はやってくれず残念でした。


A.B.C.D.e.p.

A.B.C.D.e.p.

私の中ではずっと「人気があるけど苦手なバンド」にカテゴライズされていたんですが、2月に行ったサカナクション・オウガとの対バンイベントで新曲として披露された曲がすごくよくて。レポに「ポップでキラキラとワクワクに溢れた曲」と書いたその曲が、このアルバムのリードトラックでした。他の2曲もポップで広がりと浮遊感があって気持ちいい。メジャーコードばんざい!


表情<Coupling Collection>

表情

ギターの音色で私がいちばん好みなのがチャット。このギターとえっちゃんの声を聴くと、どうしようもない高揚感に胸がいっぱいになっちゃいます。カップリングということで派手さはないけど小粒でもピリリとくる曲ばかり。私は「湯気」「風」「コスモタウン」が好きです。自分内ライブに行ってみたいバンド第1位(この前のワンマンは一般に挑戦するも取れず…)。


花鳥風月(DVD付)

花鳥風月(DVD付)

「嫌いになりたくない」という理由で前作は聴いていなかったんですが、07年にフェスで聴いてシングルになった「恋の予感から」とアルバムのリード曲「花鳥風月」がよかったので借りてみたら、ちゃんと今の彼らを受け入れることができました。あの頃の音楽とはもう違うけれど、でも今は今でいい音楽を鳴らしている。好きなのは「小さな幸せ」。フォーク調のメロディに乗せて感情をたたみかけるように歌う藤巻くんの歌が刺さります。各所で絶賛されていた「大晦日の歌」はどうしても焼き直しというか、第2のビールとプリンを狙った・意識した感じがして残念。


「花鳥風月」のPV。ソラニン(漫画or映画)↓が好きな人にはぜひ見てほしいです。

これってもしかして…!と思った方、大正解。