読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2009年の音楽総括

振り返り 音楽

そんなわけで2009年のまとめ。


今年も相変わらずアジカン漬けだったのは言うまでもないとして、それ以外だと印象的なのは、アート・くるり・スペアザといった、これまで「聴いていたけど、めちゃくちゃ好きとまではいかなかったバンド」の位置が一気に上昇したこと。特にくるりは、なんでこれまでガッツリとハマってなかったのが不思議なくらい。サカナクションとピープルとアベンジャは今年の新譜やライブでもっともっと好きになりました。
新しく好きになったバンドはandymoriくらいなかあ。昔は「ロキノン系を好きである以上はロキノン界隈のシーンの動きについていかなきゃ!」みたいに考えていて、雑誌が取り上げた新人バンドを必死にチェックしていたけれど、ここ最近はそういう考えはすっかり抜け落ちてしまい。がっつかずに自分のペースで音楽生活を送っています。でも、まだ知らないバンドの中で私の心を震わすようなバンドが絶対にいるはずだから、そのあたりはもったいないなあと感じたりもしますが。



以下、今年よく聴いたアルバムと曲を並べてみました。リリースされた年に関係なく「今年はじめて聴いた曲」「今年購入したアルバム」から挙げてあるので、リリースが2009年ではないアルバム・曲も含まれています。
また、今年私が買ったCDや雑誌、借りたCDは「購入・レンタル」というカテゴリーを選択していただければ見れますので(一部抜けているものもありますが…)、ここでの羅列は省略します。時間がない(笑)




■今年よく聴いたアルバム


■今年よく聴いた曲

※いろいろ抜けていたので追加しました。