読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2012/06/02-03 SAKAE SP-RING 2012

名古屋の中心部:栄に点在する計12ヶ所のライブハウスが会場となり、2日間で計200組を超えるアーティストが出演したライブサーキット、SAKAE-SPRING。今年で開催7回目だそうです。私が参加したのはこれで2回目。前は2010年にサカナクション目当てで参加したんですが、イベント全体としては断然今回のほうが盛り上がってた!街のあちこちにパスを下げた人がいっぱい。大津通歩行者天国とも重なって、街がイベントに沸いている感じがあって。いいじゃん名古屋も頑張ってるじゃーん!と嬉しくなっちゃいました。
今回はタイムテーブル片手に、普段なかなか行く機会のないライブハウスへ見たことのないバンドをふらふらっと見に行こう、というゆるいスタンスで臨みました。感想をさくっと。



まずはてくてく歩いて、会場群の外れにあるRADというライブハウスへ。中区役所の南側、猥雑な繁華街の一角に立つ雑居ビルの中。真昼間に繁華街を歩いていると、その静けさになんだか不思議な感覚になる。
会場内は大学生くらいのいかにもロキノン系がすきです◎という感じの女子がいっぱい。そんな中でちゃっかり最前を確保しちゃってすみません。タワレコの店内放送でかかっているのを聴いて好きになったこのバンド。「素晴らしい世界」のラストのアカペラ部分は鳥肌ものでした。
特典で未発表曲入りのCD-Rがもらえるということで、物販で「さようなら、素晴らしい世界」を購入。この未発表曲「Sunday evening kama」がめちゃくちゃいい!アルバム曲よりいい(断言)これからもっともっと人気が出ていくバンドになるんだろうなー。

  • KUDANZ@TIGHT ROPE

RADのすぐ近くの、同じく雑居ビルにあるライブハウスがTIGHT ROPE。そこがミラーボールの回るライブハウスであることを忘れて、まるで霧のかかる深い森に迷いこんだかのような壮大な楽曲、圧倒的な世界観。もっと残響的な楽曲かと思っていたけど、メロディがはっきりしていて聴きやすかったです。
音源もチェックしてみようっと。

  • 住所不定無職@RAD

名前は前からちょこちょこ目にしていたけれど、音源は全く聞いたことのない状態でのライブ参加。もっとディープで濃厚なサブカル・アングラ系サウンドを予想していたから、アイドルよりもアイドルらしい楽曲と、はじまった瞬間に一気にスイッチが入ってドルヲタばりに盛り上がるファンに、ちょっとこれは来る場所を間違えたか…と戸惑ったのも一瞬。やっぱりああいうポップな曲は楽しい!気づいたら全力で楽しんじゃっていました。

こちらも名前だけ知っていて初聴き。どことなく向井さんを彷彿とさせる楽曲たち。特に最後のほうに歌った、わりとメロディアスで歌詞に新宿が出てくる曲が気に入りました。ただ曲名が分からないという…。



ここから6/3。

  • pist@RAD

そういえば前にカフカがこのバンドのゲストで出ていたなあーと。オーソドックスなギターロック。最初に聴いたキャッチーな曲がよかった。

  • Acita@MUJICA

分かりやすくかつ乱暴に言うと、バンプ直系のギターロック。「伝えたい思いの後先に」って歌詞の曲がよかった。サビのメロディが好きで、終わってから次の会場の移動するあいだずっと頭の中をぐるぐる。終演後に3曲入りのCDをお買い上げしました。「サリーとアン課題」ってタイトルが懐かしい!大学のときにちょこっとかじった心理学で出てきた出てきた。こうやって、授業で習ったちょっと印象的な言葉をタイトルに使いたくなる気持ち、ひじょーによく分かる(笑)そして微笑ましい。7月に出るアルバムが全国展開されるようなのでがんばってほしいなあ。

  • NOVELS@OZON

パルコの隣に、こんなに大きなライブハウスがあったなんてはじめて知った。調べてみたらどうやら普段はDJイベントに使われることが多いらしく、なるほどそれなら知らないのも納得。水着イベントとかまーったく縁がないからねえ(苦笑)ライブは後方のテーブルにもたれつつ聴いていました。前方はかなり盛り上がっていて、私が勝手に思っているよりも人気があるんだなあと。

いちばん好きな人間進化論が聴けて満足!MCによるとメンバーさんの一人が私と同じ大学らしい。一気に親近感がわいた(笑)女性ボーカルでこういうクセのある声ってなかなか難しいかもしれないけど、頑張ってほしいな。


こんな感じ。2日連続でいろんなライブハウスを歩き回るのはめちゃくちゃ疲れたけど、それ以上に楽しかったので大満足。各地で開催されているサーキットイベントが人気なのも頷けるなあ。これからもこのイベントが続いていって、名古屋のシーンももっともっと盛り上がっていきますように。