読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

Talking Rock! / ONSEN POP WAVE

AKG 購入・レンタル 音楽

買ったものについてひさびさに紹介してみる。

TalkingRock! 2015年 06 月号 [雑誌]

TalkingRock! 2015年 06 月号 [雑誌]

いつもアジカンをがっつり特集してくれてありがとうございますトーキングロック!私がこの雑誌で好きなところは2つあって、ひとつはラジオの文字起こしみたいにすらすらさくっと読めてしまう、肩肘張らないフランクで等身大のインタビュー。ロキノンやMUSICA・音人みたいに、メンバーの内面の奥深くにじっくり向き合って対峙するインタビューも興味深いのは確かだけども、読み終わって、いや場合によっては読んでいる途中でぐったり疲れてしまうのも事実。この雑誌でのメンバー&インタビュアーさんによる全曲解説は、小難しいカタカナ用語を多用したレビューなんかよりもずっとずっと純粋に「新譜が楽しみ!はやく聴きたい!」と思わせてくれる。今号ではアルバムだけでなくツアーの編成やステージについても触れられているので、気になる方は是非。
もうひとつの好きなところは写真なんだけど、今回のアジカンに関してはあまり好みのテイストではなくて残念。ああいう無機質な雰囲気のほうが次のアルバムに合っているのはよく分かる。でも私は、この雑誌によく載っているような「なんかちょっといい感じの街角、日常のワンシーンで撮ってみました」という写真が好きなんです。うーん、次回に期待しよう。…きっと自分はちゃんと「背景」が存在する写真が好きなんだろうなあ。
それにしてもこの雑誌も数年前と比べると、表紙に並ぶバンド名の顔ぶれががらっと変わってしまったな。名前と有名曲は知っていても顔が分からないバンドが増えてきた…。

ONSEN POP WAVE

ONSEN POP WAVE

ひさびさにビビっとくるバンドに出会えた!THE BOY MEETS GIRLS。theboymeetsgirls.tumblr.com


全曲トレーラーアルバムタイトルどおり熱すぎずぬるすぎず、ちょうどいいお湯加減の温泉に浸かっているような心地よいポップな曲が並んでいるなかで私がいちばん惹かれたのは、5曲目のサマーパラソル。ナンバガの透明少女を彷彿とさせるイントロで沸き上がる高揚感、それは裏切られることなく曲が進むにつれてどんどん加速して、サビで一気に爆発!これがなんとも気持ちいい。ライブ見てみたいけどなかなかタイミングが合わないのが残念すぎる。