立ち止まって見上げた空に。

限りなく視界良好

2018年下半期のまとめ〜音源編

あっという間に2019年スタート。
本年もどうぞよろしくお願いします。

さてさて、半期恒例の振り返り〜!
長くなりそうなので音源編とライブ編に分けます。まずは音源編。

よかったアルバム

SOIL / 04 Limited Sazabys

彼らの10年の歩みが結実した傑作!
かっこよくて、たくましくて、でも茶目っ気たっぷりで、時折じんわり沁みる。バラエティに富んだ曲の数々に、飽きることなくずっと聴いていたくなる。
更に強度を増したメロコア・4つ打ち曲。彼らのパブリックイメージはこういう早くて勢いのある曲なんだろう。でもそれだけじゃない。メロディアスなロックナンバー。箸休めなんて言わせない、グッドメロディなミディアムテンポの曲。ヘンテコだったりクセが強かったり、だけどめちゃくちゃポップな曲。どれもがしっかりと彼らの持ち味として、アルバムの中できらりと輝き、存在感をはなっている。
嬉しいことに各所でいい評価をされているみたいだけど、リスナー層があまり広がっていないのが残念なところ。ライブキッズと音楽ブロガー・ライターさんだけじゃなくて、若手バンドやウェイウェイ系ディッキ族が苦手な人にも、とにかくもっともっと多くの人に届いてほしい〜!
というわけで特にお気に入りの曲を貼ってみる。ぜひ再生ボタンをポチッとしてみてください。

  • Password

試聴部分おかしくない?なんでここなの?

Password

Password

  • memory lane

memory lane

memory lane

  • Squall

Squall

Squall

せっかくなのでトレーラーも貼ってみる。

04 Limited Sazabys / 3rd Full Album "SOIL" trailer
kitchenとGalapagosが上に書いた「ヘンテコでクセが強いけどポップな曲」。サビが思いっきりポップに振り切れてて気持ちいいんだ。


HITCH HIKE / THE BOY MEETS GIRLS

HITCH HIKE

HITCH HIKE

これまた傑作!
お洒落すぎない、背伸びせず等身大で楽しめるポップ感がほんとうに心地いいんだ。「誰も一人にしない音楽」というバンドのキャッチコピーがまさにそのとおり。
ぜひこのトレーラーを再生してみてください。おすすめは「FRIENDLY」「かいじゅうたちが眠るころ」「ミラーボール」。もっと売れろ〜〜ヨンフェス出ないかな~

1st Full Album「 HITCH HIKE 」ダイジェスト


Kodomo Rengou / People In The Box

Kodomo Rengou

Kodomo Rengou

買ったのは1月だけど、ちゃんと聴いたのは下半期になってからなので下半期まとめに。
どことなく立ち込める不穏な空気に取っ付きにくさを感じたのも束の間、気づけばメロディが頭の中でぐるぐる。そんな中毒性は今作も健在。街Aの不思議なポップさが好きだ。
ピープルももっと多くの人に聴く機会を持ってもらいたいバンド。何度も言ってるけど、まだ出会っていないだけで彼らの音楽がカチッとハマる人、絶対もっといると思うんだよな。


芋・骨 / ASIAN KUNG-FU GENERATION

BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO

BEST HIT AKG Official Bootleg “IMO"

BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE

BEST HIT AKG Official Bootleg “HONE"

正式タイトルこれじゃないよね多分(笑)
俗に言う「裏ベスト」。だけど私の好きなアジカンがここにいる。アジカンとの14年がここに詰まっている。彼らをはじめて聴くという人にはベスト1や2よりもこちらを薦めたい。キャッチーだけどよくあるコード進行やメロディではない、彼らにしか奏でられないアジカン節満載の珠玉の楽曲たち。このアルバムでそれらにはじめて出会う人たちがうらやましい。もう一度、あの衝撃の出会いを体験してみたい。
個人的には断然芋派。

2018年上半期まとめ

ざっくり総括

どうもお久しぶりでございます。今回も半年ぶりに帰ってまいりました。
恒例の?近況報告ですが、新生活もようやく徐々に慣れてきたかな…という感じです。そしてぼちぼちライブ参加・遠征も復活しております!ぼちぼちどころじゃないだろ〜という声も聞こえてきそうですが、これでも全盛期に比べれば半分以下。今はライブとそれ以外の楽しみをいい具合に両立できているんじゃないかなーと思ってます。
やっぱり音楽やライブは私にとって日々の無くてはならない支え。悲しいこと辛いことがあった上半期、紛らわせてくれたのは大好きなバンドのライブでした。これからもそんな関係性や距離感で、うまく付き合っていけたらいいなと思います。

購入したもの

12cmシングル、8cmシングル、アナログ、カセットテープという4形態(!)でリリースされた作品。この試みに対してはもっと評価されてもよかったと思うんだけど、玄人受けするバンドだったら各所で話題になってたのかな。でも、そことは正反対の位置にいる彼らが敢えて行ったということに意味があると思うんだ。
楽曲としてはシングル曲climbと同じく2ビート、でもこちらのほうがキー高めでAメロの最初からメロディアス。やや力み過ぎ感もあったclimbよりもお気に入り。サビ終盤の「未来で合図を待ってて」のメロディラインが好きすぎるんだけど、高すぎてライブでの成功率が低いのがちょっと残念。

My HERO / 夕凪(12cmCD)

My HERO / 夕凪(12cmCD)

待望のベスト盤!有名もしくは聴きやすい曲がいっぱい入っているベスト盤は、そのバンドに詳しくない人といるときに流すのにちょうどいいのです。というわけで、最近のわが家の車内BGMは専らこちら。
一般受けする曲だけじゃなく、深みに嵌まらせるような濃くてマニアックな曲もしっかり収録しているのが彼ららしいなと思う。浅瀬だと思っていたら足をとられていつの間にか深海へ、そんなふうに彼らの魅力に溺れてしまう人がきっとたくさんいるんだろうな。

魚図鑑

魚図鑑


上半期ライブ本数

13回。

見た回数

1回だけ見たバンドは割愛ー。

各ライブについて簡単に

2018年の幕開けは大箱から。これぞアリーナ!といった演出が盛りだくさんで、開演前の期待と興奮と緊張で高まった気持ちを最高な形で出迎えてくれた。fire signとembraceが聴けたのが嬉しかったな〜。最近の曲も好きだけど、高校時代に聞きまくったユグドラシルは永遠の名盤なんです。

地元が当たらず大阪のみの参加。人気があるのは嬉しいけど、はやく苦労せずチケットが取れるようになってほしいとも思う。でもそうなったらそうなったで淋しいんだろうな。我儘。
初のベイサイド、遠征者にはとにかく遠い!USJ未体験だから桜島線という路線もはじめて知った。終点なのはちょっと嬉しいかも。ハコ前からUSJの裏側が見えるのは面白かったな。つくりは他のZeppと大差ないか感じだったような(適当)。
後方の安全地帯からでもアウェイを感じず楽しめるのはワンマンのいいところだなーと、眺めのいいところから楽しんでました。
肝心なライブですが、この翌日のセトリのほうが好きな曲多めで悔しくて悔しすぎてあんまり覚えていない…。お願いだからin outを聞かせてくださいお願いします!!!

フォーリミさんほんと大阪好きだなあ。もっと地元でもライブしてくれー!と思いながらも、大阪は近い&安いのでホイホイ行ってしまう。
この日はLIVE HOLICという、上の世代と下の世代による対バンがコンセプトのイベント。下の世代として同じイベントにレンジと共演したのが2015年。それからたった3年でもう上の世代なのか…とシーンの移り変わりの早さを感じつつ。
ひと月前と同じく、この日も後ろの段上から。客層が若くて激しめのバンドだと、今の自分にはモッシュ・ダイブがないエリアで見るほうが合ってるなーと思う。

なんという豪華対バン!これは行くしかないでしょう!というわけで、特急と在来線を乗り継いで長野県茅野市へ。
駅直結の、新しくてデザイン性が高い公共施設。そこにある小さめの体育館のような空間が会場。駅とホールの間にあるお洒落図書館に、ズラーっと開場待ちのディッキ族が並ぶ絵はなかなかに異様だったな(笑)
ハコでこの2組が対バンするなんて今ではそうそう見られるもんじゃない。だからお互いがただそれぞれ演奏して終わるわけがないよね?と期待していたら見事!先行のフォーリミによる太陽系リフレイン、それに触発されたのか本家太陽系、そしてアンコールのモンスターダンスでフォーリミ乱入!茅野は個人的にいろいろ思い出のある地。そこでこんなスペシャルなものが見られてよかった。

余裕ぶっこいてたら先行終了、一般も取れず、トレードにてようやく確保。このフェスはラインナップ関係なく、フォーリミにとっても私にとっても地元である愛知で、彼ら主催のフェスが開催されるということ、それだけで特別で大切な思い出になる。今年も参加できてよかった。
青空が似合うバンドだけど、この日だけは夕焼けが似合うと思う。また来年も来れたらいいなあ。

はい、なんだかんだ全通しちゃいました。といっても3公演だけなんだけども。
良席で盛り上がった横浜、辞めた初代ドラム登場にグッときた名古屋、セトリがダントツで好みだった大阪。見ていた場所もよかった部分も3公演それぞれ違っていて、全通してよかったと心から思った。
印象的なのは、丁寧に大切に歌われたBuster call、会場全体が星の海と化したような照明に思わず声をあげてしまったmidnight cruising、「あの頃のままじゃ届かないよ」というCメロのフレーズに乗せて、スカスカのハコから少しずつ大きくなっていく彼らの歩みのハイライトがバックスクリーンにモノクロで映し出されたSquall。思い出すと幸せな気分になれる。
いつかまた、今度は満員の会場を見せてあげたいな。

俗に言う裏ベスト的選曲のアルバム「芋」「骨」の名を冠したツアー。ここしばらく演奏されていなかった懐かしい曲やレア曲がてんこ盛りで、懐古厨に片足を突っ込んでいる私も大満足のセットリストでした。
うーん、アジカンについては思い出がありすぎて・思い入れが強すぎて、うまく言葉にできないな〜。今回のツアーで多く演奏された未だ見ぬ明日に・サーフブンガクがリリースされた10年前、私はアジカンのことが好きで好きでどうしようもなくて、地方住みでお金も大して持ってないことをひどく恨んでいた大学生だった。状況も変わって、同じ気持ちに戻れなかったとしても、忘れたくない忘れられない大切にしたい記憶。

地元のハコでサカナクションを見るのは実に5年ぶり!ベストアルバム「魚図鑑」の構成を再現したようなセットリストになるんだろうな、という想像どおりのライブ。ただそこはサカナクション、単に音源の再現じゃない。照明や音の響きといった、ライブだからこそ感じられる要素でどんどん盛り上げてくる。そこにお客さんの熱が加わると、終盤のキラーチューン(死語?)ラッシュはまさに熱狂の渦。久しぶりに踊り狂って、終演後はグレーのアルクアランドTシャツがすっかり変色しちゃってました。
集客力や楽曲のスケールを考えると、今の彼らにはアリーナやホール、フェスが合ってるんだろうけど、やっぱりたまにはハコで見たい。

いやー楽しかった!アルバムが完全に未聴だったり、惰性でチケットを買っていたようなところもあって、期待値やモチベーションは過去最低レベルだったのが見事に覆された!ここしばらくは彼らを斜に構えて捉える多かったんだけど、関心が薄れていたのか逆にフラットな目線でライブを見ることができて。そしたらもうめちゃくちゃ楽しかった。
ライブなんだけど、ライブというよりもエンターテイメントといったほうが感覚としては近かったな。炎やレーザーといったアリーナ級の特攻。個々の演奏力や歌唱力が際立つ曲に、フロア全体が一丸となって盛り上がる曲、緩急つけたセットリスト。地元ネタを交え、メンバーのキャラにぴったり沿ったMC。笑わせるところは思いっきり笑わせて、盛り上げて、ちょっぴりしんみりさせてるのも忘れない。
てんこ盛りで、ギラギラで、カラフル。終演後にスクリーンに映し出されたレインボーツアーという名前を見て、インスタ映えするレインボーカラーの甘〜いスイーツが思い浮かんだ。でも見た目だけじゃなくて、肝心な味もしっかりおいしいんだ。
飛ぶ鳥を落とす勢い、という立ち位置からは一歩引いた場所に移行したと思う。でもそのぶん、これから先も着いていってくれそうな固定ファンがたくさん。果たしてあのバンドが同じような道に進めるだろうか、と少し考えてしまった。

よく聴いた曲
  • 栞 / various artists

クリープの尾崎くんがつくった曲を、尾崎くん以外にもフォーリミ・sumika・ユニゾンのボーカル、スガさんにあいみょんという豪華メンツが歌った、大阪FM802だからこそ成し得たんであろうキャンペーンソング。ボーカル云々抜きにしてもポップソングとして完成度の高いメロディ、それを大好きなバンドのボーカルが歌っているのだから好きにならないわけがない。
「少しだけ本当だった」の部分の、いつもより低めのGENくんの歌声が好きすぎる。

尾崎世界観作詞・作曲FM802「栞」MV フルver.(FM802 × TSUTAYA ACCESS! キャンペーンソング)

アイドル楽曲を全くチェックできていない中、テレビや街中で耳にして気に入った曲。カノンコード大好きだから「不意に気付いたら泣いていること」のメロディとコードがたまらなく好き。これを書いている今でもマ○キヨで耳にできるのが嬉しい。

乃木坂46 『シンクロニシティ』

  • CM曲

今期はテレビCMでいいなあと思う曲が多かったな。
メリット

花王 メリット 新・メリット 登場篇 30秒 CM 妻夫木聡


セキスイハイム

【公式】セキスイハイム おひさまのチカラ 30秒

あとまだ何かあった気がするけど思い出せないー



そんなこんなで上半期まとめでした。
次は1月かなー?それまで皆様お元気で。

2017年の下半期まとめ

ざっくり総括

2017年は私にとって人生最大の激動の年でした。というのも秋に結婚&引っ越ししまして、その準備やら後片付けやらでひたすらバタバタで…現在も落ち着いたとはとても言えず(笑)人生の先輩たちにひたすら尊敬する毎日です。
そんな状況なので、2017年下半期のライブ参加回数は激減しましたが、結果として自分の中での音楽の存在が下がってしまったわけではなく。むしろこれまで以上にじっくり向き合って、自分にとって大切な音楽を振り返ることができたんじゃないかなと思ってます。結婚式のBGM、好きな曲をたくさん流せてよかった〜!!!
そんなこんなで2017年下半期のまとめをどん。


購入したもの

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

CYCLE HIT 1991-2017 Spitz Complete Single Collection -30th Anniversary BOX-

CYCLE HIT 1991-2017 / スピッツ
夏〜初秋によく聞いていたアルバムがこちら。たぶん年間通してもいちばん聴いたアルバムになるはず。長い歴史をもつスピッツだけど私の中では「点」で、というのはずっと限られた曲ばかり聴いていたからなんですが(空も飛べるはず夢追い虫・けもの道・楓 あたり)、このアルバムを通してようやく「点線」になったかなという感じです。まだ聴いたことのないオリジナルアルバムがたくさんあるから、少しずつ手にとっていきたいな。


LIVE AT NIPPON BUDOKAN / 04 Limited Sazabys
記念すべきフォーリミ武道館公演の映像作品!大事大事に保管している状況なので、いい加減そろそろ開封したい〜

下半期ライブ本数

29日のレディクレを含めても6回。

見た回数
  • 1位 フォーリミ 3回
  • 2位 KEYTALK・sumika 2回

1回だけ見たバンドは割愛ー。

各ライブについて簡単に

ライブ一覧の記事をみて存在を思い出したくらいに記憶が全くない…セトリみても何も蘇ってこない…なーーぜーーー

アジカンにフォーリミにKEYTALKにsumika、これだけでも私にとって十分遠征する理由になるのに、そこにまさかのゆず!さすが大手プレイガイドさん、節操ないけどラインナップ最高すぎですありがとうございます。ゆずは私がはじめて好きになった男性アーティストなんです。17年(たぶん)の時を超えて聴けた夏色がほんっとうに楽しかった!
そのほか印象に残ってることとしては、リハでGENくんが口ずさんだ「からっぽ」だなあ。サビのほんのワンフレーズだけだったけど、ゆずでいちばん好きな曲を好きな声で聴けてよかった。未来の破片も期待どおりで嬉しかったけど、あれはヨンフェスだけのとっておきにしておいてほしかったなーとも思ったり。
フェス全体の感想としては、まあ先人たちが築き上げたフェスマニュアルに則ればある程度楽しくて快適な空間はできるよねえ。あとはシャトルバス乗り場から会場までと、ステージ間の距離がものすごく遠く感じたから、それを縮めるか距離を感じさせない何らかの工夫がほしいところ。

シングル発売記念のシークレットフリーライブ。彼らの地元にある、プライベートでも訪れていたという広い公園、その狭い一角に集まった溢れんばかりの人、そこを囲む木々、夏の匂いの残る空。そんな場所で大切に演奏されたアコースティックアレンジの楽曲はいつものライブに増して一段と強く優しく響きました。Squallは間違いなく自分内2017年ベストソング。

これまたアジカンにフォーリミにsumikaにwanimaに…と大好きなバンドが大集合。存在だけは前々から知っていて、今回ようやく初参加。メンツも規模も雰囲気も、去年参加した長崎のスカジャンに似ていて、コンパクトながら暑いフェスだなという印象。個人的には、地元が一体となってこのフェスを盛り上げよう、合わせて地元のことをもっと知ってもらおうと積極的に参画していたのが印象的でした。まおか市いのかしら公園だと思っててほんとすみません!機会があれば是非ともまた参加して、栃木の観光とあわせてしっかり楽しみたい。

実に一年以上ぶりのライブ。はじまるまではいろんな感情がぐるぐるしていたけど、曲が鳴ってしまえば自然と体が動いてしまったのが全てだなあと。うん、楽しかったです。


そんなこんなで残すところは本日のレディクレのみ。久々の遠征!ジャイガやベリテン以上に私好みのメンツが揃った超豪華フェス、思いっきり楽しんできます〜!
ここまで読んでくださってありがとうございました。生活が変わってもライブ通いやブログ更新は続けていく所存ですので、どうぞよろしくお願いします!

2017年の上半期まとめ

2017年上半期のまとめ。
どうもお久しぶりでございます。前回更新から半年?ブログ開始からもう10年以上になるけれど、ここまで間が空いちゃったのははじめてだなあ。今もこまめに覗いてくださっている方、今日たまたまここに辿り着いた方、皆様ほんとうにありがとうございます。
私はといいますと絶賛新生活に向けての準備で日々バタバタしておりまして、後述のとおりライブ参加回数も激減しております。まあ激減とはいいつつも、タイミングを見計らって足を運んではいますので、一般人を遥かに上回る回数であることには変わりないんですが…(笑)
プライベートに合わせてライブ参加も落ち着いちゃった、そうなるつもりは全くないので、頻度は減るにしても適度に楽しんでいきたい。たまには遠征もしたい。ブログの更新も年1の振り返りくらいは続けていきたいなあ。そんな具合です。
というわけで前置きが長くなりましたが、恒例の半年振り返り!まだ6月の途中ですが、もうライブは増えないってことで上げられるときに上げちゃおうと。2017年ももう半分が過ぎ去ろうとしていることに驚き。

ざっくり総括

フォーリミ武道館、未来の破片カバー、ヨンフェスへのアジカン出演、「生」未来の破片…
夢のような光景を見られて、フォーリミにたくさん幸せをもらえた半年だったなあと。日常に占める音楽の割合が減ったのは事実だけど、それでもやっぱりなくすことなんてできない、日々を過ごすうえでの重要なエッセンスだと改めて感じました。

購入したもの

あれっまさかの1枚だけ?

「未来の破片 / 04 Limited Sazabys
いちばん好きな曲を大好きなバンドが奏でるなんて。いまでも夢のような文字列だ。

ライブ本数

8本。
一桁なんて何年ぶり?2009年以来?

見た回数
  • 1位 フォーリミ 6回
  • 2位 ピープル 2回

フェスやイベントで1回見ただけのバンドは省略します。

各ライブについて簡単に

2017年初ライブは大好きなバンドの地元公演。毎度のことながらささしま地区の変わりっぷりには来るたびに驚かされる。Zeppは変わらずに残り続けるといいんだけどなあ、どうなんだろう。この日は最前ブロックの右側にて。輪モッシュも押しもなく、いい具合に盛り上がるのでバンド問わずお気に入りの場所です。

「大好きなバンドの初武道館公演を見届ける」という夢が叶った記念すべき日。おめでとう。ありがとう。

まだまだ武道館の余韻が残る中、チケ安いし余ってるし東京行きたいしーってことで、うってかわってキャパ500の狭いライブハウスへ。フォーリミが所属する?していた?レーベルのアーティストが大集結するお祭りで見事トリをつとめた彼らは広い場所が似合うようになる一方で、狭いハコも大切にしていることがしっかり伝わってくる熱いライブでした。

幸せな空間は今年も幸せをいっぱいくれました。なんといってもアジカンさん出演にアンコールの未来の破片。コラボはなかったけれど(フェスシーンのメインストリームに対する相変わらずのドライさが彼らしい)、出演が発表されたときに泣きそうになったくらいに嬉しかったから、未来の破片はもう言うまでもないよね。大好きでたくさん影響されたバンドの曲をカバーして、それを世に発表できて、本人たちの前で鳴らせるなんて、リスペクトの最高の形での昇華だよなあと。

2日目!天気に恵まれて、この会場のよさを実感した次第。致命的な部分が思い浮かばないのはヲタの贔屓目?まあ確かに名駅から時間はかかるけど、東京・大阪ともに日帰り遠征するのに支障ないであろう時間には終わるし。強いて言うならトイレに並ぶことと、飲食エリアが狭いことくらいかなあ。だからこそ、会場がジ◯リのテーマパークに生まれ変わると発表された今、後継の場所にどこを選ぶのかが気になる。できれば名古屋市内だと嬉しいんだけどなー、候補が思い浮かばない。まあまだまだずっと先のことではあるけれど、それまでもそれから先も、ずっと続いていってほしい。

カラッと晴れた空とみずみずしい緑、その中で高らかに鳴るフォーリミの音との親和性。いやー気持ちよかった!イスありかと思ったらステージと1列目の間がスタンディングエリアになっていたので、迷うことなくそこで楽しんじゃいました。feelの「さよならこの部屋この街この道」がその時の状況と重なりすぎてて、青空の下でたくさんの手拍子が鳴り響く中でぽろっと涙がこぼれたのは秘密。

大阪から名古屋へとんぼ返りしてからのハシゴ!ピープルとフォーリミ、はたから見ると全く正反対の音楽だけど、私にはどちらも欠かすことのできない大切な音なんです。「本日の公演はこちら」の紙を撮り忘れたことがいまだにちょっとした心残り。

土曜の夜にこの広いライブハウスを埋めるだけの人が集まるのがなんだか嬉しい。段上フロアの後方でお酒と音に酔ってふわふわ気分、気持ちよかったー。駅までの帰り道で遠くに見えた臨海部のビルとマンション群、次に見られるのはいつだろう。